Happy-Go-Lucky

アクセスカウンタ

zoom RSS 世田谷パブリックシアター

<<   作成日時 : 2008/06/05 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日ようやく「瞼の母」を観に行ってきました。

早朝からのチケぴ並びで撃沈した後、
平日昼間の回ですが、何とか行けることになったんですよ!
もちろん会社は休みを取りました。
本当は午後半休でもギリギリ間に合うかな?と思ったんですが
午前中は引越し絡みの銀行巡りを終わらせねばならず、
雨の中、待ち合わせ時間まであちこち回っておりました(^^;

大手銀行3行を回り、同じ変更手続きをしていたんですが、
最初に行った銀行で1時間近く掛かってしまい、
渋谷で12時待ち合わせに間に合うのかドキドキでした(汗)
幸い、残りの2行はわりとスムーズに進んで
予定時間より早く終わって余裕で間に合いました。

連れの友人と渋谷で落ち合い、
有機野菜を使ったパスタ屋さんでランチタイム。
美味しいランチを食べながら、
既にスマトークで盛り上がってしまいました。
最近いろいろあったので、話題には困りません(爆)
最後は結局、「早く青い封筒が届いて欲しい」という
この時期になると必ず話題になる話で〆ました(笑)

三軒茶屋に移動して、会場である世田谷パブリックシアターへ。
ここは、野村萬斎さんがプロデュースしている関係で
「ハムレット」なども観に行ったことがあって
2階、3階席も見やすかった記憶がありました。
今回は3階席の1列目(それもど真ん中)だったので、
全体が見渡せてすごく見易かったです。

客層は、女性客が多いのは当然ですが、
年配の方(男女とも)もけっこう来ていて
特に年配の男性の方が目に付きました。
時代劇、それも有名な名作ということで
作品を懐かしがる世代の方がいらしたのかもしれません。

舞台は、14時開演、ほぼ1時間30分で終了。
ずっと座って集中しながら見るにはちょうど良い長さかも。

時代劇ということで、渡世人のいでたちのつよぽん、
とってもお似合いで素敵でした。
つよぽんの舞台は前回も見ましたが
それぞれ全く違う役をきっちり演じていたと思います。
和装はもちろんですが、殺陣のシーンもきまっていて
男前なつよぽん満載でした。
大竹しのぶさんは、金スマの時とは別人で、
舞台での存在感はさすがでした!
ストーリーはハッピーエンドではないけれど
心に沁みる、とっても素晴らしい舞台でした。
チケットさえあれば、もう一回じっくり見てみたいところです。

そうそう、入場時に手渡されるチラシの束の中に、
「山のあなた」のポスターイラストを使ったチラシや
クサナギバコのチラシ、そしてなんと言っても
「猟奇的な彼女」のパンフまで入っていてラッキー♪
猟奇的〜のパンフは、完成披露で配られたものと同じでした。
購入したプログラムとともに、良い手土産になりました。

さて、上演終了後に退場をしていた時のことです!
入口が狭いのでなかなか進まずに歩いていると
目の前に帽子を被り、コットンコートを着た若い男性が
劇場スタッフと思われる人と歩いていたんです。

私たちは最初何も気づかずにいましたが、
後ろにいた何人かがざわめき出して「ユースケ?」という声が聞こえ
もしや?とよく見ると、ユースケ・サンタマリアさんでした!
TVで見るより若くて細くてビックリしました(爆)

スタッフにお辞儀をして普通に一人でTSUTAYAに入って行きました。
私絶対に周りが騒いでなかったら気づかなかったと思います(汗)
自然に街に溶け込んでましたから(笑)

最後に思わぬ偶然の出会いがあったりして
舞台共々とても楽しかったです♪

つよぽん、千秋楽まであと少し、
最後まで突っ走って下さい!!

一応、帰る間際に記念に撮りました。

画像


今週もなかなか更新出来てません(汗)
とりあえず番組チェックは追いついているので
番組感想などは時間がある時に…。

明日は、また別件のお楽しみが待っています。
スマ関連ではないけれど、超楽しみなイベントなんです。
帰ってきたらご報告させて頂きます♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

Blog Link

s.m.a.p Blog Parts

Mail Form

Weather Information

世田谷パブリックシアター Happy-Go-Lucky/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる