Happy-Go-Lucky

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア試写会!!

<<   作成日時 : 2008/06/06 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は雨の中、代々木体育館に行って参りました!

そうです!
なんと、インディ・ジョーンズのプレミア試写会に当たってしまったんです!
SWのハン・ソロはもちろん、
ハリソン・フォードの作品はほぼ全作見ています。
インディ・ジョーンズシリーズは中学生の頃から大好きで
久々の新作に公開を楽しみにしていたんです。

プレミア試写会なんて、どうせ当たらないだろうと
最初は応募もしていなかったんですよ。
でも、最近の強運を考えて、先日の初日が当たったなら
もしかして当たるかも??と、
まだ締め切りに間に合う懸賞にハガキを出してみたんです。
そして先週後半に招待状が届きました!!
期待はしてましたが、ホントに当たるとは思ってなくて
嬉しいよりも驚きのほうが大きかったです(^^;

試写会自体は、17時30分開場、19時30分開演なのですが、
招待状とブロック指定券の交換がありまして
それが13時からだというんです。
配給会社に問い合わせたところ、
試写会なので招待状は席数よりも多めに配布されているので
13時から無くなり次第終了になると言われてしまいました。
なので、本当は1時間程度の早退で現地に向かうつもりが、
結局は午後半休を取っての参戦となりました(汗)

13時から配布されているはずの指定券ですが
13時半頃に現地に到着すると、
相当数の人数が行列を作っておりました。
とりあえず、お昼も食べずに列に並び、
1時間近く掛かってようやく指定券をGET出来ました。
あと少しのところで、「アリーナ席」の券は終了してしまい、
「1階スタンド席」の券を受け取りました。

画像


ここに夕方にはレッドカーペットが登場していました。

入場口には既に17時30分を待つ列も出来ているとの事でしたが
スタンド席だし、まだお昼も食べていなかったので
とりあえず会場を離れて近くのファミレスでお昼休憩を。
連れには状況をメールで知らせて、
合流してから並ぶことにしました。

開場1時間ほど前に連れと合流して
入場口に向かう頃には、外は大雨でした(爆)
座席の指定ブロック毎に列が出来ていて
アリーナに比べて1階席の列はそれほど長くありません。
待っている間も雨は降ったり止んだりを繰り返していて
ほぼ定刻に入場が始まりました。

スタッフに誘導されて向かった場所は、
ステージの中央から若干左寄りの3列目という席!
すぐ隣が招待席のブロックでした。
アリーナの端っこや後方の席よりも断然見やすい席でしたよ♪

画像


ステージとスクリーンはこんな感じ。
大きなスクリーンで映画も見やすかったです♪

開演1時間前になると、
スクリーンには外のレッドカーペットの様子が映し出されました。
石田純一&リア・ディゾン、狂言の和泉一家、赤井英和、島田陽子、DAIGO、
電撃ネットワーク、AI、魔裟斗&矢沢心夫妻、デーブ・スペクター夫妻、
野村監督夫妻、別所哲也など、いろんな人が来てました。

そうそう、ソフトバンクのCMのお兄ちゃん(笑)も来てました!
始めは誰か分からなくて、司会の人が紹介してやっと分かりました。
席は我々の隣のブロックだったので、
座席に移動してからのほうが近くで見えたかも?(笑)

デーブと石田純一は座席でもやけに目立ってました。
別に目立つような動きはしてないんですけど
なんか視界に入ってくる感じ?
それってある意味、存在感があるってこと?(爆)
ちなみに来るんじゃないかと思っていた叶姉妹はいませんでした。
あの人間離れしたスタイルを生で見てみたかったなぁ(笑)

そして、ようやく映画関係者の登場です!
プロデューサーのフランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディ夫妻、
カレン・アレン、ジョージ・ルーカス、そしてハリソン・フォードが
次々と車から降りてきました!!
今朝の情報番組でも流れていましたが、
ゆっくりと時間を掛けてファンの前を歩いてサインの求めに応じていて
サインを貰ったり、話し掛けられたりしている人たちを
羨ましく思いながらその映像を見てました。

前置きが長くなりましたが、ようやく試写会の開演時間です。
司会のクロさんが登場し、「待ち人が遅れている」などと言っていると
あの音楽が聞こえてきて、天井近くの高いところから
インディ・ジョーンズ(偽者、笑)がロープを使ってターザンのように降りてきて
会場は一気にテンションがあがりました!
インディの手には「クリスタルスカル」があり、
セットのある部分にそれを置くと、大きなドクロの影が現れたり、
スモークとともに怪しげな音楽も鳴り響く中、
ステージ左の扉からフランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディ夫妻、
カレン・アレン、ジョージ・ルーカス、そしてハリソン・フォードが登場しました。
ドームやスタジアムと違って、
1階席前方席では肉眼でも人として誰かを認識出来る距離感(笑)。
一応持参したいつもの双眼鏡はほとんど使いませんでした。

順番にご挨拶とインタビューがありましたが、
とりあえず、ルーカスとハリソン・フォードの部分だけ…。

【ジョージ・ルーカス】
40年間、何度も来日していますが、
今回が一番エキサイティングなアドベンチャーです。

【ハリソン・フォード】
ハロー、ハロー、ハロー(と客席の声援に答えます)
(インディ・ジョーンズは)自分の誇り。今作もとても楽しかった。
皆さんの反応が楽しみです。

ルーカスへの「インディ誕生の由来は?」という質問には、
「学生の頃から考古学や歴史、遺跡などに興味があり、
昔の娯楽映画のような作品を作りたいと考えていて
考古学者を主人公にしたアドベンチャー映画を作ろうと思っていた。
その時いつも隣にいた愛犬の「インディアナ」がインディの名前の由来」と
ファンなら周知の話ですが、ルーカスの口から聞けて嬉しかったです♪

「シリーズの人気の理由は?」には
「この映画には、アドベンチャー、コメディ、ロマンスなど
たくさん要素があるけど、一番重要なのはハリソン・フォードの存在」と
ちらっと横目でハリソンを見ながら言うと
ちょっと芝居がかった仕草でポケットからお札を取り出して
さっとルーカスに握らせるハリソンに笑いが起きました。

「次回作は?」という質問には、
壇上の全員が顔を見合わせて誰も答えないでいると
司会者がキャスリーンを指名するんですが
「私は答えられる立場じゃない(笑)」とルーカスを促します。
そんなルーカスに跪いて祈るようなポーズで
「僕が立ち上がれるうちに頼むよ(笑)」と笑いを取るハリソンでした。
ちなみにルーカスの答えは、
「考えてはいるけれど、伝説や秘宝を探すのが大変なんだ」
それを受けてハリソンからは
「(相当)時間が掛かるよ」などという言葉も出てました。

距離はありましたが、生で見るハリソン・フォードは
やっぱり素敵でカッコよくてジェントルマンでした♪
終始笑顔で、ジョークもまじえ、歓声にも笑顔で手を振る
ファンに優しい人だなぁと感動しました。
とても父親と同世代とは思えないカッコよさでしたわ(爆)

そうそう、冒頭の挨拶で、スピルバーグの事も話題になり、
「本来ならここにいるべき一人(スピルバーグ)が来日出来ませんでした。
本人からとても残念だと伝えて欲しいと伝言されました。」
というコメントもありました。
超貴重なスリーショット、見てみたかったです!

そんな大興奮の舞台挨拶が終わると、マスコミ撮影があり、
すぐに映画の上映が始まりました。
2時間以上という時間を感じさせないテンポの良さと
シリーズの面白さが満載でした!!
内容を話そうとするとネタばれだらけでつまらなくなってしまうので
ここでは書けませんが、笑いあり、驚きありで、
きっと誰もが楽しめる娯楽大作です♪

個人的にはクリスタルスカルの謎の答えや
虫のシーンや殴りあうシーンの
ちょっと目を背けたくなる部分など、気になる部分もありましたが
公開したらもう一度見に行きたいです!
シリーズファンの方、期待してお待ち下さい(^^)

スマネタでもないのに、やたらと長くてスミマセン(汗)
そんな訳で面白かったと評判のうたばんは週末にチェックです!

最後におまけ。

画像


暗くてあまり上手く撮れてませんが
場内に展示されていた大きなPOPです。
左の荷物の上にはインディの帽子もありました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
強運続いていますねぇ!すごい!!
見たい映画の試写レポが続いているので映画館に行きたくなりました〜
もぐら
2008/06/09 09:10
>もぐらさん

是非映画館で楽しんで欲しいです♪
ハリソンフォード、ビストロ登場でしたね!メンバーも嬉しそうでしたね〜
Blue Blanket
2008/06/09 23:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

Blog Link

s.m.a.p Blog Parts

Mail Form

Weather Information

プレミア試写会!! Happy-Go-Lucky/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる