Happy-Go-Lucky

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国旅行、1日目その2。

<<   作成日時 : 2009/09/06 14:11   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

韓国旅ブログ、1日目の続きです。

次は、景福宮から徒歩15分程度の場所にある、
世界遺産でもある、昌徳宮へ。

画像


昌徳宮では、ハングル、日本語、英語、中国語での見学ツアーがあり、
広い宮廷内をガイドさんがおよそ1時間半掛けて案内してくれます。
この日の日本語ガイドはキムさんという女性ガイドさんで
日本語がとっても堪能で、淡々と説明をしているのに、
ところどころで笑いも忘れないという素晴らしいガイドさんでした。

写真たくさん撮ったのでいくつかご紹介しときます。

画像


仁政殿。
昌徳宮の正殿で、即位式や臣下の挨拶など、
国家の儀式を行っていた場所だそうです。

画像


仁政殿の前にある階段の真ん中に、
この石の彫刻があるのですが、何かわかりますか?
キムさんの解説によると、鳳凰だそうです。
ちなみに鳳凰は、鶴と龍の間の子供だそうですよ〜

画像


仁政殿の内部、
いわゆる玉座のある場所です。

画像


こちら奥の建物の瓦の色が青色で珍しいんですって!
通常手前の屋根のように黒い瓦を使用していますが、
青色の瓦は珍しく高価なのであまり使われていないそうです。

画像


これも日本では見られないものですね。
日本で言ったら鬼瓦とか鯱とかの縁起物、厄除けの意味合いのあるもので、小さなオブジェのようなものが並んでいるのがわかりますか?
コレ、実は西遊記の登場人物を模しているんだそうです!
先頭が三蔵法師、その後ろが孫悟空、猪八戒、沙悟浄と並んでいます。
景福宮の建物の屋根にもあり、
何だろう?と気になっていたので、
ガイドさんの解説がありがたかったです

画像


王妃のような待遇を受けた側室の居室です。
渡り廊下を通って王が通っていたそうです。

画像


そしてその王を迎える部屋の装飾家具。
長椅子のようなもので、とっても素敵でした。

画像


宮殿内にある広大な庭の一部です。
とっても立派で大きな松の木が印象的でした。

画像


芙蓉亭と池。
ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地でもあるみたいです。
池に映る建物が美しく、
在りし日には王が釣りを楽しんだ池だそうです。

この後も広大な敷地内を散策し、
階段あり、足元の悪い坂道ありで、
出口にたどり着いた頃にはすっかり疲労困憊です(汗)

が、楽しいキムさんの日本語ガイドのおかげと、
世界遺産に相応しい、素晴らしい建造物と庭園に、
疲れも忘れるくらい有意義なひと時となりました。

続きは、その3で…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>ララさん

こちらにも
気持玉、ありがとう〜
Blue Blanket
2009/09/08 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter

Blog Link

s.m.a.p Blog Parts

Mail Form

Weather Information

韓国旅行、1日目その2。 Happy-Go-Lucky/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる